MENU
こちらから!介護職に就きたいあなた 詳細はこちらから▶︎

管理人「いさたろ」について知ってほしい。

2020 3/19
管理人「いさたろ」について知ってほしい。

このブログをみてくださっている方、はじめまして「いさたろ」です。

2020年2月よりブログーを始めました。 ブロガーとしての知識は皆無に等しいですがこれから経験値と知識を脳内に蓄積し、自分の為、来てくれた方へ有益かつ、こころのホットスペース的な場所作りをして行きたいです。

とりあえず、ワードプレスの勉強もかねてプロフィールを書いていきたいと思います(練習の場として利用することをお許しください・・・)

・なぜ、ブロガーをはじめようとしたのか。
・いさたろ解体新書。
・短期長期目標と、このブログがある意味。
・さいごに

なぜ、ブロガーをはじめようとしたのか。

僕は現在、鹿児島県伊佐市(人口:25610人)に住んでいます。
単刀直入に言って、ド田舎なんですよ。
高齢化率は約42%とすさまじいパーセンテージとなっていて、若者もいない。
少子高齢化の最先端を突っ走っている町です、逆渋谷・逆原宿的な、半端ないです。
そこに、数年前より都会からIターンし、移住し始めたんです。

理由は簡単で都会で働くイメージが自分には皆無だったから。田舎でのんびり仕事したかったから。
僕には都会で働く人の強いイメージとして、「残業して終電で帰って就寝⇄朝起きてベットタウンから満員電車に揺られて通勤」みたいなのがあったんです、親の影響を強く受けてると思いますが。
それを一度きりの人生と考えたとき、ぼくの場合の答えは都会にはなかったんです。

でもね、田舎に住んで数年立ち、わかったのはやはり長所もあれば短所もあるということ、つまり都会と比較すると、どっちもどっちだなって。
都会は田舎の満点の星空の下で飲むホットワインの暖かさには勝てないし、田舎は都会の銀座でのむオーパスワンの華やかさには勝てない(それっぽくいいたかっただけ)
まずね、田舎でのんびり仕事なんてできないです。大体のご家庭が共働きで世帯年収も全国平均よりだいぶ低い推移でみんな一生懸命働いています。加えて競争他者がいないので家賃が高い。
もうね、ほんと僕の考える田舎生活なんて脳内妄想理想郷でしたわ。

でも余生の幸せの天秤にかけたとき、どっちが幸せか不幸せか、人生を謳歌できるか否か、いい人生だったなって思えるかを考えたとき、僕はここ(田舎)で死ぬんだと思いました。(たぶんきっと)

結婚し、子供もいる中で何か、楽しいことをしながら自分のお小遣いくらいは稼ぎ、さらに逆原宿の伊佐市や鹿児島のこと、自分のことをもっと全世界(日本語読める人)に発信したいなと。

まぁーなんかそんな感じでオワコンといわれているブロガーを始めてみました。
これは僕の物語でもあり、アクセスしてくださった方々の物語にも繋がっていきますので、勉強しながら自分ペースで頑張っていきたいと思っていますので何卒よろしくお願いいたします。

いさたろ解体新書。

  1. 生まれ  1988
  2. 現住所  鹿児島県伊佐市
  3. 出身地  東京都
  4. 趣味   旅行・温泉・子育て・車・辛い物・二郎
  5. 仕事   医療関係

とりあえず、熱しやすく冷めやすいけどとりあえず何でも気になる系です。

短期長期目標と、このブログがある意味。

短期目標(1年)  :アクセス数を集めたい。SEO対策やら集客ターゲットはめちゃくちゃ大切ですが
          まずは、書くこと・伝えることを意識して動いていきます。とりあえず自己満足で
          終わってしまわないように頑張ります。

長期目標(2年目~):たぶん、いろいろ勉強して慣れてきて、書く力・伝える力もついてきていると予想
          し、5桁の収益を目指します。また、依頼など頂けるようになりたいです(照)

このブログがある意味:まだ、明確に答えはでていませんが文頭でもお伝えした自分の為、来てくれた方
           へ有益かつ、こころのホットスペース的な場所作りをして行きたいです。

  • 短期目標(1年)  :アクセス数を集めたい。SEO対策やら集客ターゲットはめちゃくちゃ大切ですがまずは、書くこと・伝えることを意識して動いていきます。とりあえず自己満足で終わってしまわないように頑張ります。
  • 長期目標(2年目~):たぶん、いろいろ勉強して慣れてきて、書く力・伝える力もついてきていると予想し、5桁の収益を目指します。また、依頼など頂けるようになりたいです(照) 
  • このブログがある意味: 自分の為、来てくれた方へ有益かつ、こころのホットスペース的な場所つくりをして行きたいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

目次